世界中で利用されているJimdo、Wix

JimdoやWixなど、無料で簡単にホームページが作れるウェブサイトビルダーはたくさんあります。
中でも、Wix(ウィックス)は世界中で1億6000万人以上のユーザー(Wix公式サイトより)が、Jimdo(ジンドゥー)は世界中で2500万サイト(Jimdo公式サイトより)が存在しているそうです。(2020年現在)

とても普及しているこの2つのサービスですが、何でもメリットデメリットはありますので、JimdoやWixでホームページ利用することに向いている人、向いていない人がいます。
今回はその事例を紹介します!

JimdoやWixを使って自分で無料でホームページ作成することに向いている人

とりあえず何かを始めたところで、まだどこまで広げるかも検討のついていない人

とりあえずお金もかけず、ホームページを作って情報を発信して反応を見てみようという方は、JimdoやWixに向いていると思います。

一時的なイベントや集まりなどの特設サイト

地域の集まりや一回限りのイベントなどを開く方はよくJimdoやWixの無料ホームページを利用されています。
そういった特設サイトには、簡単に作れてお金もかからないJimdoやWixは向いていると思います。

ちなみに、1ページだけの内容であればペライチというウェブサイトビルダーもおすすめです。
ペライチは大企業でも特設サイトに利用していたりします。

とにかく無料で簡単にホームページを自分で作りたい人

「難しいことはわからないけどとにかく無料で簡単に作れたらいい」という方はJimdoやWixに向いていると思います。

内容も薄い、デザインも整っていないものを作ってしまうと、ホームページを公開することがマイナスイメージになりますのでそこはご注意ください。

文章がたくさん書ける人、実績をたくさん載せれる人

デザインのよさは信用度を高めますが、デザインは素人感があっても、熱量や実績がたくさんある場合はデザインのよさより信用度を高めることもあります。

ご自身の仕事について語れることがたくさんあって定期的に発信できる人、これまでの実績がたくさんあってそれを定期的に掲載できる人は、JimdoでもWixでも、他のウェブサイトビルダーでも、集客に繋げることはできると思います。

最近ではYoutubeなどの動画メディアで発信する手法もありますし、SNSでどんどん発信される方もいます。
色々やれたらより効果的でしょう。

事業のブランドイメージが高級でない

JimdoにしろWixにしろ、無料で使用する場合は「このホームページはJimdo(or Wix)を使って無料で作られています」というような広告表示が出ます。

例えば高額な商品を販売しているような業種では、無料のホームページを使っていると信用に関わりますよね。

逆に町の小さな庶民的なお店が無料のホームページを使っていても、「ケチだな」と思う方は少ないのではないでしょうか。
小さなお店でも、インスタ映えするようなおしゃれなお店であれば、無料のホームページはちょっと微妙ですが。

JimdoやWixを使って自分で無料でホームページ作成することに向いていない人

最初からしっかりとホームページを活用して売上を上げたい目的がある人

最初は小さな出発であっても、しっかりとホームページを活用して売上を上げたい目的がある人は、そもそも無料ホームページは利用しない方がいいと思います。

無料ホームページは独自ドメインが使えないなど、SEO(検索順位対策)的に弱い面があり、しっかりと作りたい場合は独自ドメインを利用した上で信頼できる専門業者に任せることをおすすめします。

整ったホームページのデザインを求める人

残念ながら素人の方が作ったJimdやWixのホームページで、整ったデザインに仕上げれているケースはかなり少ないです。

もし興味があればGoogle検索で「site:jimdofree.com」「site:jimdosite.com」「site:wixsite.com」と入力して検索してみてください。

jimdofree.comドメインはジンドゥークリエイター、jimdosite.comドメインはジンドゥーAIビルダー、wixsite.comドメインはWixエディタ、Wix ADIで作られたサイトがリストアップされます。

ときどきデザインの整ったホームページがでてきたら、専門業者がカスタマイズしたホームページであることが多いです。

ただ、ジンドゥーAIビルダー、Wix ADIで作られたホームページは、AI機能によりある程度固定化されたデザインで作成されるので、素人の方が作っていてもレイアウトはシンプルにまとまっています。

無料のAmeba Ownd、有料だがグーペもおすすめ

専門業者に頼まず自分で整ったデザインのホームページを無料で作りたい場合は、Ameba Owndもおすすめです。
Ameba Owndはかなりシンプルで自由度が少ないですが、その分素人の方でも整ったデザインに仕上げれます。

また、有料になりますが、グーペなら、指示された通りに内容を埋めていくだけである程度デザインの整ったホームページを作ることができます。
月額1,000円程度の費用が必要ですがこちらもおすすめです。

筆不精な人

自分でホームページを作るということは、専門業者が作るよりも色々な点で劣ってしまうのは否めないことです。

それでもホームページの価値を高めるには、ホームページの定期的な更新や内容の充実が不可欠です。

でも、何か文章を書いて発信することが苦手、億劫な人もいるわけなので、そういう方が無理して記事を書いてしんどい思いをするなら、信頼できる専門業者に任せることをおすすめします。
適当に作ってしまったホームページは逆に集客を妨げます。

事業のブランドイメージが高級

「無料で作ったホームページ」を持つことが事業にとってマイナスイメージの場合は、JimdoやWixでも独自ドメインを使える有料プランにするか、独自ドメインのホームページを作りましょう。

高価なものを取り扱う業種、弁護士など固い業種はそれに当たると思います。

無料だからお得、無料だからリスクがないと考えるのはまずい

さて、あなたはどちらに当てはまったでしょうか?

あくまで目安として考えていただければいいのですが、無料だからお得、無料だからリスクがないと考えるのはまずいです。

ホームページに見に来られる方が悪い印象を持たれるようであれば、一度目の訪問以降ホームページにも見に来ない、実際のお店にも足を運んでいただけないことになります。

結果、ホームページにかからなかったコスト以上の損失が見えないところで起こっていたりするわけで、事業内容によっては、安易にホームページを作るのは注意が必要です。

ホームページの価値を高めよう

JimdoやWixについてはたくさんの方がネット上でメリット・デメリットを伝えていますので、どれを信じていいのか迷ってしまいますよね。
この記事を読んで、余計に迷ってしまった方もいるかもしれません。

ただ大事なことは、自分でホームページを作る場合は、デザインよりも内容の充実、わかりやすい内容を心がけてホームページの価値を高めていってください!

わからないことや他人の意見を聞いてみたいことがあれば、どうぞお気軽にご相談ください。